Android アプリの開発を始める際の基本

5月 21, 2020

この記事で解決すること

Android アプリの開発を始める際の基本的な事がわかり、開発が始められるようになります。

この記事の想定読者

  • まだ一度も Android アプリの開発を行った事がない方

目次

具体的な内容

開発ドキュメント

公式サイトである Android developers に、開発をするための情報があります。このサイトを中心に情報を収集します。

デベロッパーガイド の「はじめに」~「アプリの権限」までを確認すると、Android アプリの概観を捉えら得ます。

開発言語

Android アプリの開発言語は、Koltin が良いです。他には、Java と C++ がありますが、アプリをより簡単に開発できるように Google が推し進めているのが Koltin です。

開発環境

Android Studio を使用しましょう。公式サイトからダウンロードできます。

慣れてきたら、Visual Studio Code のような軽量エディタを組み合わせると良い気がします。

開発環境の日本語化

Pleiades プラグイン をインストールすることで、日本語化が可能です。

新規プロジェクトのテンプレート

新規アプリを作成するための Android Studio プロジェクトには、基本的なプログラムが準備されたテンプレートが存在します。

基本は、この中から合うものを選択して、プログラム開発を進めていくことになります。

ソース管理

Android Studio では、プログラムコードのバージョンを管理する VCS が連携されています。

Android Studio のトップメニュ VCS ⇒ “バージョン管理…" で、Git と関連付けして管理することをお勧めします。

開発トレーニング

このサイトの様々なコースで、無料で開発トレーニングすることが可能です。

自分に合ったトレーニングを実施し、技術を覚えると良いと思います。

私は、Kotlin での Android アプリの開発 で、勉強を進めています。この状況も、別途記事にできればと思っています。
トレーニング教材と最新の開発環境ではバージョンの違いがあるため、細かい部分で教材通りではうまく行かない場合があります。

その他

Android アプリのコンポーネント

Android アプリには、4つのコンポーネント があり、これを組み合わせるてアプリケーションを開発することになります。