FlutterでCupertinoアプリを作成する (Building a Cupertino app with Flutter)

5月 28, 2020

この記事で解決すること

この記事の想定読者

  • iPhone アプリを Flutter で開発したい方

目次

学習内容

  1. Introduction
  2. Set up your Flutter environment
    • ここまで、Flutter で iアプリを開発するための準備です。
  3. Create the initial Cupertino app
    • Flutter プロジェクトを作成します。
  4. Create structure for a 3-tab app
  5. Add state management
  6. List products for sale
  7. Add product search
  8. Add customer info
  9. Add date picker
  10. Add selected items for purchase
    • 4~10で、ショッピングアプリを少しずつ作成して行きます。
  11. Next steps
    • 次のステップへの情報です。
ソースコード

データ用のプログラムなど、途中いくつかソースコードのリンクがあります。これらは、リンクのコードをそのままコピーした方が良いです。

lib/styles.dart.

pubspec.yaml.

products_repository.dart.

完成版

下図が完成形になります。特に問題なく、ここまで作成できました。

次のステップ

このアプリを更に改善して、別のことを学ぶための情報です。

状態管理

You’ve also used the provider package to manage app state across screens. When you have time, you might want to learn more about managing state in our state management documentation.

providerパッケージを使用して、画面全体でアプリの状態を管理しました。時間があれば、状態管理のドキュメントで状態の管理の詳細をご覧ください。

Firestoreへの保存

Host the product and shopping carts in Cloud Firestore, and use the Flutter plugin for Firebase Authentication for user authentication.

Cloud Firestoreで商品とショッピングカートをホストし、ユーザー認証にFirebase AuthenticationのFlutterプラグインを使用します。

APIサーバとの通信 (gRPC)

Use Dart’s gRPC support to talk to a cloud hosted API server, for example with Cloud Endpoints for gRPC.

DartのgRPCサポートを使用して、たとえばCloud Endpoints for gRPCを使用して、クラウドでホストされるAPIサーバーと通信します。

JSON REST APIを操作

If you have an API server that exports an API via JSON REST, see Andrew Brogdon’s Medium post for a range of options for working with JSON REST APIs.

JSON RESTを介してAPIをエクスポートするAPIサーバーがある場合、JSON REST APIを操作するためのさまざまなオプションについては、Andrew BrogdonのMediumの投稿を参照してください。

その他

iOS開発者向けFlutters Cupertinoパッケージ。Flutter in Focusシリーズのビデオ。

Cupertino APIドキュメント