Creating a watchOS APP (watchOSアプリの作成)

iPhone向けに作ったLandmarkアプリを、iWatchでも動作するように追加・変更していきます。


目次

Creating a watchOS APP

このチュートリアルでは、SwiftUIについてすでに学んだことの多くを適用する機会が与えられ、少ない労力で、ランドマークアプリをwatchOSに移行できます。

iOSアプリ用に作成した共有データとビューをコピーする前に、プロジェクトにwatchOSターゲットを追加することから始めます。すべてのアセットを配置したら、SwiftUIビューをカスタマイズして、watchOSに詳細ビューとリストビューを表示します。

完成したwatchOS APP

WatchLandmarkDetail.swift のプレビューエラー

WatchLandmarkDetail.swiftは、WatchLandmarks Extensionフォルダ以下に作る必要があります。

直前のチュートリアルで作成したWatchLandmarksフォルダ以下に作成してプレビューを行うと、下記エラーが発生します。

GenericHumanReadableError: unexpected error occurred
Error Domain=IDEFoundationErrorDomain Code=1 "The run destination iPhone 11 Pro Max is not valid for Running the scheme 'WatchLandmarks (Notification)'." UserInfo={NSLocalizedDescription=The run destination iPhone 11 Pro Max is not valid for Running the scheme 'WatchLandmarks (Notification)'.}

プレビューウィンドウが消えた時

Editor ➾ Canvasをクリックで、再表示されます。