Google ChromeでWebサイト(Azure、楽天e-NAVI)が表示できない

この記事で解決すること

Google Chromeで、Webサイトが開けない時に、簡単な代替手段でサイトが見られるようになります。

この記事の想定読者

  • WindowsとMacで、Google Chromeを使っている方
  • Google Chromeで、見られないWebサイトがある方
  • Google Chromeの開発版(dev)を使っている方

この記事で出来ること

  • Google Chromeの拡張機能を使い、Chromeで開いているWebサイトを、別のブラウザ(Safari, Firefox, Internet Explorer, Microsoft Edge, Sleipnir)で見られるようになります。
  • IEしか対応していないWebサイトを、IEで素早く見られるようになります。

目次

現象

Google Chrome dev (64ビット) 84.0.4143.7 Mac で、特定のサイトが表示できなくなっています(2020/5/20)。

Google Chrome (64ビット) 83.0.4103.61 Windowsでは、正常に表示できます。

シークレットウィンドウでも表示できませんので、拡張機能が原因ではないと推測できます。

現象は、Macの開発版のみで起こっていますので、正式リリース前の一時的なChromeのバグでしょう。Chromeで問題の報告はしました。

Microsoft Azure Virtual MachinesのWebサイト

https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/virtual-machines/

楽天カードのWebサイト

https://www.rakuten-card.co.jp/

対策

Chromeの拡張機能である Open With をインストールし、エラーとなるWebサイトを別のブラウザで開きます。

Macで Open With を設定する

ChromeにOpen Withをインストールした後に、pythonスクリプトを実行すると、下図のように他のブラウザが検索されます。

ブラウザが表示されない時

インストールしているブラウザが表示されない場合は、表示されている項目を複写して、パスなどを変更すれば使用できるようになります。

上記を設定後に、Chromeで問題ページを開き右クリックすると、他のブラウザで開くメニュが表示されます。

Windowsで Open With を設定する

Macと同様に実施すればできます。

Windowsには、Pythonをインストールしていなかったので、Pythonをダウンロードするメニュも表示されました。


その他

Posted by iwadjp